ECObjects

成果物管理セキュリティオプション


ECObjectsで管理している設計図面や仕様書をそのまま持ち出していませんか?
ファイルのセキュリティを暗号化やパスワードだけで満足していませんか?

<問題点>
 ・多くのサプライヤーと図面をやり取りするが情報漏えいが心配だ
 ・印刷物の持出しなどは制限できない
 ・重要なデータにはパスワードや暗号化しているが、それだけで十分か?
 ・文書毎にセキュリティ運用が異なり煩雑だ
 ・コピーなどでクライアントPC内にデータが残ってしまう

ECObjectsで管理している成果物ファイルを
Webブラウザ上でセキュアに表示する機能

(セキュリティオプション)がこれらを解決します!
 

 

 これからは、閲覧はできますが
 印刷も持出も制限することで

 セキュアに公開利用

 することが可能

 となります。

 

 

 

 

 

ECObjects 成果物管理セキュリティオプションの仕組み

ECObjectsが管理する文書・図面ファイルをブラウザ上で高速・高精度かつセキュアに表示できます!

 

ECObjects 成果物管理セキュリティオプションの特長

1. クライアントにファイルをダウンロードさせずに閲覧のみを許可
   Webブラウザで表示するためPCへ閲覧ソフトをインストールする必要なし
2. 管理者が各ユーザに操作禁止項目(ダウンロード、印刷)を指定することが可能
3. 透かし文字表示でユーザIDなどを表示することで、セキュリティ意識を向上
4. 文化の異なる海外拠点の持出し予防策・セキュリティ意識の向上

本機能は株式会社オーシャンブリッジ Brava Enterprise 製品を活用したソリューションです

 

お客様の導入経緯をご紹介します


 製造業のお客様のケース 

<利用環境>
 利用範囲:国内、海外
 データフォーマット:TIFF/AutoCAD/PDF
 導入システム:ECObjects TotalBOM, QuickCIM

●抱えていた課題
1. 現行システムの場合、「共有できる⁼持ち出せる」という状態だったため、セキュリティの観点から、
  他部門や海外部門にはファイルを共有できなかった
2. クライアントソフトのインストールは避けたかった
3. ECObjectsの仕組みを大きく変えずに組み込めることが条件

●選ばれた3つの理由
1. クライアントに専用ソフトウェアのインストールが不要※
2. ユーザ毎にファイル持出しの設定を細かく対応でき、「表示はできるが持出しはできない」状態を実現
3. 印刷時透かし、閲覧時のプリントスクリーン制御、データ保存不可など、セキュリティ面での機能が充実

※ActiveXコントロールのダウンロードインストールを利用