PrimeCOA

PrimeCOAは、製造活動+業績の把握=儲けの見える化で
正しい経営判断をサポートする、原価・業績管理システムです。

PrimeCOAは、「儲かる工場への進化」をコンセプトに開発した原価・業績管理システムです。

儲けを生み出す指標“利益ポテンシャル”で、エンジニアリング・チェーン・マネジメントの実行状況を可視化します。生産革新活動を成功に導く業績管理の考え方を組み込んだ世界で唯一のシステムです。

PrimeCOAの特長 その1

統合化部品表で管理している原価情報や、ERPで管理している会計情報をものづくり経営会計データベース上に全て集約、分析します。

これにより確かな原価情報、在庫金額の削減を実現し、正しい経営判断を導きます。

PrimeCOAの特長 その2

PrimeCOAは4つの機能から成り立ち、それぞれ使用目的に合わせた部分適用が可能です。

  • 「品目別原価計算機能」は統合化部品表から取得した品目・構成情報から各製品の見積原価、 標準原価を作成します。
  • 「実績原価計算機能」は受け払いの実績などから実績原価を算出します。
  • 「費用配分計算」は製造間接費などについて、費用配分の考え方を視覚的に定義し計算します。
  • 「管理会計機能」は損益・キャッシュフローのトレンド、利益ポテンシャルをグラフで表示することが可能です。

PrimeCOAの特長 その3

まずは自社の利益ポテンシャルを知ることが大切です。

過去からのトレンドで今、どうなっているのか、競合他社との比較で見た場合どうなのか、改善の方向性としてどういうアクションをとっていくべきか、など、このような点について、大雑把でも、関係者のイメージを統一することから開始することです。

PrimeCOAの豊富な機能

  • 設計、製造活動で生成されるデータを元に、計算された原価と売上げ、原価に算入されない費用などをデータベースに蓄積し、正しい経営判断をサポート
  • 品目、構成情報から、各製品の見積原価、標準原価を作成、受払いの実績などから、実績原価を算出
  • 製造間接費などについて、費用配分の考え方を視覚的に定義し、配分計算
  • 業績管理情報として、損益・キャッシュフローのトレンド、利益ポテンシャルをグラフ表示
  • 財務会計システムとの豊富な連携実績
  • クラウド対応(スケールアップ、スケールアウト対応)

PrimeCOAでは、このような課題が解決できます

個別原価の管理と標準原価/実績原価の比較・問題把握をしたい。

システム要件

クライアント Windows 7/8/8.1/10(32bit/64bit)
.NET Framework 4.0
DBサーバ Oracle 12c 以上
APサーバ Windows Server 2008以上付属のIIS
開発環境 Windows 7/8/8.1/10(32bit/64bit)
.NET Framework 4.0
SPREAD 7.0
ComponentOne Studio for WinForms 2013J
Visual Studio 2010 以降

お問い合わせ

製品情報を詳しく知りたい方、ご相談は下記フォームよりお問い合わせください。