【第21回】SEにおけるバカの壁

この業界に何年もいると事故になるプロジェクトに何回か遭遇することがある。
一般の皆さんはマシンに不慣れだったり、OSが初めてだったり、言語にバグがあったり、ミドルウェアやDBでトラブルがあったりしてシステムが動かなかったり、納期に間に合わなかったり、予算を大きくオーバーしてしまうと想像されるだろう。
筆者の経験する限りでは、技術の問題で赤字になるプロジェクトはなかった。
全てが上流工程のSEの仕切りや能力に問題があった案件ばかりである。特に、SEの能力が問題となる。

設計者同士の会話で「このデータベースは正規化すべきだ」、「いや、正規化すべきでない」だとか、ここの処理は「×××マスタにデータを持たせるべきだ」、「いや、○○マスタからデータを参照すべきだ」などというような、一見、どちらが正しいのか判らない意見が現場のSE同士で交わされる。
人間の言葉は、同席して議論すると同じくらいの強さを持つので、内容をよく理解していないと、声の大きい人の主張が正しいように感じてしまうのが人情らしい。

知識がなく、設計スキルもない技術者が一見スキルフルに振舞うときに必ず起こす行動パターンがある。それは『否定』である。
「それはダメだ」、「それは間違っている」などと一刀両断に相手の意見を否定してみせるのである。
こういうSEの特徴は、否定の理由を一切示さず、しかも代替案も提示しない。
昔の評論家みたいなものである。この中にとてつもなく救いようのない「バカ」が隠れているのだ。SEやPGのこれらのエセ知識の否定語は次に「出来ないコール」になる。
お客様から何か判らないことを言われたら、すぐに何も調査もなく、考えもせず、その場で「それは出来ません」と即答するのである。SEは鼻高々である。お客さんは怒り心頭である。この手の話しは枚挙にいとまがない。
知識や設計力や見識がなくとも誰でもできる知ったかぶりの意見が『否定』である。
否定だけは何の知識も必要としないで役職やメーカーののれんをカサに着て駆使できる「技術暴力(スキルバイオレンス)」である。

よく誤訳を発見して、一言半句の間違いをへつらう中学生がいるが(筆者もかつてはそうであった)、誤訳を指摘する学力は正式に翻訳する学力の1/10で足りるのである。
評論家は1/10の力で10倍の実力を評価するのだから始末が悪い。逆の例で言うと、評論家がまともな仕事をすると、唖然とするような無能をさらけ出すのである。
養老教授ではないが、バカのバカたる所以は、言葉や理論が全く通じないところにある。これは信念や宗教に近い、強固な頑迷固陋である。

こういう現象はは精神の弱い人に多い。
こうした弱い人は、外界からの強い刺激から自分の精神を保護するために、一種のアレルギーのような反応で思考や論理や事実を遮断し、正常な見識とか判断を停止するのである。これに理屈はない。相手が何を言おうと理解しない、絶対に受け入れまいと心に誓っているので、何時間話そうと、どういう事実を提示しよ うと、いろいろな人に説得させようと、全く通じない。それが生き方だからである。

こういう、不動の信念の人をバカと呼ぶ。

要するに、根本的なコミュニケーション能力や認識力が自己防衛のアレルギー反応によって阻害されてしまう現象なのである。
このアレルギー反応を仕事に持ち込まれると困る。傍はとてつもなく迷惑する。


ここに面白い例がある。
きちんとしたSEが1人で1ヶ月でできる仕事を中途半端なSEでやらせるとどうなるかという公式である。

 1=1人月
 1+1=3人月
 1+1+1=6人月
 1+1+1+1=10人月


これらは全て同じ工数の仕事の結果である。なぜこうなるかというと、1人で1人月かかる仕事に半人前を2人入れると、1人月の仕事を1人では出来ない、と 1人が主張するので、さらにもう1人投入する。そうすると、0.5+0.5=1人月の間違った仕事が生まれるので、その間違いの発見に1人月工数が余計に かかり、その修復にもう1人月かかるため3人月となる。
この図式で1+1+1=6人月の場合は、0.5+0.5+0.5=1.5人月の正しくない仕事が発生して、その間違いを発見する工数にに1.5人月余計かかって、その修復にさらに1.5人月かかるので、3+1.5+1.5=6人月になる。

昔、孔子のダメ弟子に子路という乱暴者がいた。子路はいわば、山本玄峰に仕えた田中清玄のような存在で(こういうことを書くと、あんた何者かと言われますが、実は最近、山本玄峰伝と田中清玄自伝を同時に読んだのです)、孔子を元々こらしめに来たヤクザ者が、孔子の胆力に心服して弟子になった人物である。
その子路は、子貢や顔回のように利発ではなく、失笑を買うようなバカな質問(実はこれが大事なのですが)をした。

「先生、物を学ぶということはどういうことですか?」

「子曰、由、誨女知之乎 知之為知之、不知為不知。是知也。」
(子曰く、由、なんじにこれを知ると誨(おし)えんか、これを知るを知るとなし、知らざるを知らずとなす。是(こ)れ知るなり)―『論語』為政第二


実は人間なかなかこれができない。人によっては不可能に近いくらい難しい行為なのだ。

こういう人に知らない知識はない。また全知全能である。従って、学ぶことも反省することも自分の考えを曲げることもない。
バカのアレルギー反応は極めて動物的な精神プロテクト反応なのである。
理解したくないと動物的な信念で決めているので、一切の論理は通用しないし、説明も証人も証拠も無意味である。
こういう人間が上司になったり、プロジェクトリーダーになったり、人の上に立つ役割になると深刻なトラブルが発生するのである。ゆえに、精神的に弱い人は人の上に立ってはいけない。
誰もが課長やプロマネになれる訳ではないのだ。精神的付加価値が重要である。

自分の悪いところを否定できないのは精神的な重病です。

こういう人を変えるよい方法があったら教えてください。
ちなみに30歳をすぎて変わらないと言われるあなた、それはひょっとするとバカの壁かもしれませんよ。